自分の車、洗車でピカピカ!洗車企業BEST6

トップ > 洗車について > 力任せの洗い方は車体を傷つける原因

力任せの洗い方は車体を傷つける原因

 車はメンテナンスをすることによって、長く乗ることができます。そして、洗車をすることによって錆びを抑えたりすることができます。しかし、力任せに洗ったのでは、傷がついてしまう原因になります。そのため、状況に合わせて道具を選ぶことが大切です。その中で、車全体をしっかりと濡らしておくことが大切です。その時に傷を防止するためには、水の水圧を利用してできるだけ大きな汚れを洗い流しながら進めるということです。そして、場所も大切で、日光が当たるところでは乾燥するスピードが速いので、できるだけ日陰で行うことがポイントです。洗車をするところも、自宅にスペースがあればそこでやることができるのですが、設備がそろっている洗車場で行う人も多いです。そして、道具に関しては、スポンジやブラシの他、洗剤や拭き上げタオルを用意しておきます。特に、ブラシはホイールなどを洗うため、柔らかいものを使うことが大切です。

 実際に洗車をするときの流れとしては、初めにもあったように全体を濡らしていくことから始まります。土汚れや付着物をできるだけ洗い流すようにしていきます。その時に、高圧洗浄機があるととても便利で、強い圧力で屋根の部分やタイヤハウスや車体下もきれいにすることができます。そのため、洗車場を利用している人が多いです。洗車場によって異なりますが、一分当たり100円ほどになっています。しかも、スチームなので汚れを落としやすくなります。そして、ある程度汚れを落としたら、スポンジを使って洗っていきます。その時に泡を多く付けて上から洗っていきます。ここがポイントで、スポンジだけで洗うこともできますが、土汚れなどがあると引きずってしまい傷になってしまいます。そのため、泡をたくさん付けて強くこすりすぎないことが大切です。

 落ちにくい汚れとして、鳥の糞や虫汚れなどがあります。この部分はなかなか落ちにくい部分であり、力任せに擦ってしまうこともあります。その時には、専用のクリーナーがあるためそれを利用してきれいに落としていきます。これは、一度泡洗車をしてからチェックの時に行います。洗車は基本的には、全体をある程度きれいにしてから気になる部分を洗っていくようにします。そして、ホイールに関してもブラシを使ってきれいにするのですが、以外にも傷がつきやすい部分なので、ブラシを細かく動かすときれいになります。最後に仕上げで拭き上げタオルで拭いていきます。タオルに関しては吸水性の高いセーム質のものを使うと便利です。強く拭かなくても、こまめに絞って拭くようにすることによってきれいに吹き上げることができます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る