自分の車、洗車でピカピカ!洗車企業BEST6

トップ > 洗車について > 愛車精神のある人は洗車も丁寧に行っているようです

愛車精神のある人は洗車も丁寧に行っているようです

 今の時代は最低でも一家に一台は車を所有しているようです。しかし、こまめに洗車して、常にピカピカの車に乗っている人は意外に少ないのが実情で、まめに車を洗っている人でも愛車精神を持って洗っている人は少ないです。
 まず、洗う時には車体に水をかけるのが普通ですが、簡単に済ませてしまう人は水をかけただけで、その後すぐに拭き取ってしまう人が多く、これでは車に付着していた砂埃等で傷をつけてしまうようなもので車には全く良くないことです。ところが愛車精神のある人は、車自体が新しくても古くてもホースで水をかけながら、柔らかいタオル等で優しく汚れを落とし、綺麗なタオルで拭き上げていきます。車というのはただ単に自分の足代わりではなく、自分の命を乗せて運んでくれていると言っても過言ではありません。常に車に愛情を持って洗車するべきです。


 定期的な洗車は簡単で手軽な水洗いで

 車を美しく保つために、定期的な洗車が必要です。水洗いは自宅でもできる、時間も労力もかからない簡単な洗車の方法です。用意する道具も少なく、バケツや柔らかいクロス、水を出すホースくらいです。ホースが自由に使える環境がない人も、洗車場へ行けば水洗いが可能な場所もあります。
 まず、ボディに水をかけ、表面の埃や泥を落とすようにします。シャワーの場合には直噴に近い流水で、高圧洗浄機の場合はあまり近づき過ぎないように、少し距離を取って汚れを落とすようにします。基本的に洗うのは高い所から低い所の順番です。側面や下の方を先に洗うと、クロスが先に汚れてしまうので注意します。流水しながら洗うのが理想ですが、難しい場合はバケツに水を汲み、クロスに水を含ませて優しくボディを洗うようにします。埃がついたり表面の水が乾いたりしないうちに、短時間で素早く作業する必要があります。
 足回りを洗う場合もボディと同じ作業になりますが、ボディと比べて汚れていることが多いので、クロスは別の物を用意するか、ボディを洗った後の物を使用します。最後に再度水を流し、ボディが乾かないうちに素早く拭くようにします。汚れがひどくなると車を洗うのに時間がかかります。定期的に車を水洗いすることがすすめられます。


 洗車は車好きにとって愛情の表現の一つ

 車が好きだと車に対して愛情を多くつぎ込んでしまう傾向がありますが、洗車にこだわりを持つというのも、車好きにとっては愛情表現の一つだったりします。愛情表現というのはその対象がペットだったり、人だったり様々ありますが、車にそれを向ける方というのは車好きの証拠でもあるでしょう。
 当たり前ですが、洗車するということは車をキレイにするということです。車をキレイにすることの意味はそれぞれありますが、理由として多いのは、車を長持ちさせたいという感情から生まれていることが多いでしょう。物持ちを良くするためには、マメにケアしなくてはいけないので、面倒なことも多いです。しかし、それを苦なく出来るということは、少なからず愛情を持っているからにほかないでしょう。つまり、洗車に対して苦なくそれが出来るということは、車に対する愛情を強く持っているということです。

MENU

ページの上部へ戻る